税理士に関する基礎知識

税理士に関する基礎知識について、説明します。
まず、税理士試験に合格して2年以上の実務経験のある者、税務署に23年以上勤務した者、弁護士、公認会計士のいずれかであれば、税理士となる資格を持っており、税理士名簿への登録を行うことにより、税理士となって、税務に関する業務を行うことが可能となります。そして、この税務に関する業務は、主に3つあります。


1つ目は、税務代理、です。

これは、租税に関する法令や行政不服審査法に基づいて、税務官公署に対して、申告・申請・請求・不服申立てを行う場合、当事者に代って、その申告等に伴うさまざまな手続き(主張、陳述、など)を、代理で行う(代行する)、と言う業務のことです。
例えば、税務調査の立会い対応、など、があります。2つ目は、税務書類の作成、です。
これは、税務官公署に対して、申告・申請・請求・不服申立てを行う場合、そのための申告書・申請書・請求書・不服申立書などを、法令で定めた規定に基づいて作成する業務のことです。
特に多い業務は、税務申告書の作成で、例えば、確定申告の際に、申告者に代って、申告書の作成を行ったりします。3つ目は、税務相談、です。


これは、税務官公署に対して、申告・申請・請求・不服申立てを行う当事者に対して、申告書等の作成や、租税の課税標準などの計算、などについて、相談に応じる業務のことです。

例えば、確定申告を作成する際の記入方法などの相談、などが挙げられます。

https://www.youtube.com/watch?v=15qeUzGiHg4
http://gigazine.net/news/20090202_kansei/
http://www.j-fsa.or.jp/personal/contact/

埼玉の不動産担保ローン

自分に合った札幌の税理士サイトを見つけることができました。

大阪での任意整理がオススメです。

初めてでもわかりやすい、港区の会計事務所の最新情報が知りたい方にはこちらです。

港区で会社設立の情報はかなり役に立ちます。